ちらしのうら


by letsgo

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1.5リットルペットボトルの自販機を最近見かけない | Excite エキサイト

昔は、1リットルビン入りのコカ・コーラやスプライトなどを売る自動販売機を
あちこちで見かけました。

当時はペットボトル入りコーラなど存在しませんでした。
自販機から出てくるのは、大きなガラスビン入りの飲料。
相当重たかったです。

しかも、そのビンには保証金が設定されていました。
たしか30円くらいだったと思います。
飲み終わった後、空きビンをお店に渡すと
その分のお金が戻ってきました。

回収された空きビンは、メーカーへ戻されて
洗って再使用されていたはずです。
 
そういえば、当時はソフトドリンクだけでなく
日本酒のビンも、ビールのビンも
同じような仕組みで何度も再使用されていました。

さすがに一升ビンの出てくる自販機は見たことがありませんが
ビン入りビールが買える自販機なら、そこそこ見かけた気がします。
 
 
 
 

最近は、やたらと「エコ」を強調した商売が流行っています。

ソフトドリンクの世界でも、ペットボトルを薄くして樹脂使用量を減らしたものを
エコだエコだと盛んに宣伝していますが
当時と比べると、とてつもなく次元の低い「エコ」であるようにも思えます。
[PR]
by letsgo | 2009-04-30 03:31 | 雑感
M-1王者NON STYLEが手にした「もうひとつの称号」とは
Excite エキサイト : 芸能ニュース

ネタやトークを面白いと感じるか、面白くないと感じるかは人それぞれです。
「面白いと感じるのが正しい」とか「間違っている」などと
決めることはできません。

にもかかわらず、
NON STYLEはネタもトークも面白い。
そんなことは今さら言うまでもない当たり前のことだ。
とまで書かれること自体が、不思議で仕方ないのです。
 
このような記事が書かれた裏にも「大人の事情」があるのではないかと
勘繰ってしまいます。

そもそもNON STYLEが優勝した2008年のM-1グランプリでは
決勝の審査中、島田紳助氏が他の審査員たちを
物凄い形相で睨み付けている様子が
バッチリとテレビに映っていました。

あのワンシーンが、全てを物語っています。
[PR]
by letsgo | 2009-04-27 20:40 | テレビ
『最後のパレード』の著者とされている人物によると、
同書の一部が、新聞やインターネットにあった文章と酷似しているという
読売新聞の記事は「誤報」だそうです。
Excite エキサイト : コラムニュース

「読売新聞を読む愚者に告ぐ」とは……何とも過激なお言葉です。
 
しかし同書の出版社は、東京ディズニーランド運営会社の社内文集から
無断転載した部分があったと認め、すでに謝罪しているとのこと。
Excite エキサイト : 社会ニュース

私は上記2記事を読んで、真っ先に中国の石景山遊楽園を連想しました。
同園は、ミッキーマウスなどのパクリキャラクターを使っていたとして
有名になりましたが、マスコミの取材に対し
「ネズミじゃない、耳の大きい猫だ」などと言い張っていたそうです。
2007/05/10(木) 13:48:11 [サーチナ]
 
 
 
『最後のパレード』の著者とされている人物は、
東京ディズニーランドの運営会社で
スーパーバイザーの要職におられたとか。

ひょっとしたら、他者の知的所有権に対する意識は
東京ディズニーランドの運営者も
石景山遊楽園の運営者も
大して変わらないのかもしれません。
[PR]
by letsgo | 2009-04-26 17:08 | ニュース
いま、長野が妙に盛り上がっている!? | Excite エキサイト

記事によると
実は9,000万人という観光客数をもってしても、長野五輪以降の観光客は減少傾向にある
とのことです。

長野県でも、かつて賑わっていた温泉街で大きな旅館が次々と廃業したり
中心市街地の人通りが減って大型店が軒並み撤退したり、という点では
他の地方と変わらないように思います。
また、聞くところによると、日本のスキー人口も
ひところの数分の一にまで減っているそうです。

昔からの観光地や地方の商業地は、ほとんどが
苦しんでいるのではないでしょうか。
それでも、記事にある通り、長野はまだ頑張っているほうなのでしょう。
[PR]
by letsgo | 2009-04-19 00:57 | ニュース

美少年倒れる

<美少年酒造>民事再生法の適用申請
Excite エキサイト : 社会ニュース

汚染米使用の可能性をいち早く公表した九州の酒蔵・焼酎蔵には、頑張って欲しいと思っていました。
ただ美少年酒造の場合、自社のウェブサイトに、まるで原料米のすべてを契約農家から仕入れているかのような誤解を与える記述があったので、胡散臭さを感じていました。

どのような事情があったのかは知りませんが、今年3月になってから裏金について公表してしまっては、経営破たんも当然の成り行きかもしれません。

気がかりなのは、汚染米を掴まされていた夥しい数の業者が
「やっぱり安いクズ米を使って儲けていたんだ」
と再び決め付けられるのではないか、ということ。
実際には、通常の加工用米と同じくらいの値段、あるいは高い値段で汚染米を掴まされていた業者も多いそうです。
まあ、裏金を貰っていたのが美少年酒造1社だけだとは思いませんが。

さて、美少年酒造は再建型の倒産手続きをとりましたが、今後も同社の酒を買う客や、同社の酒を扱う小売業者・料飲店が果たしてどのくらいあるのでしょうか。
何しろ、信頼回復をしかけた矢先、今さらの裏金公表で「裏切られた」形です。
会社は再建できるのかもしれませんが、「美少年」ブランドが存続できるのかどうかは疑問です。

個人的には「美少年 白生 にごり酒」といったナイスな商品名が消えてしまっては、もったいないと思います。
さすがに「美少年 火炙り純米」あたりになると、ちょっとついていけません。
[PR]
by letsgo | 2009-04-18 10:00 | ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

上記の記事には、「顔認証式」自動販売機で子供がタバコを買えてしまったり、大人がタバコを買えなかったりした事例が載っていました。

日本では、タバコ自販機のほとんどがtaspoを使用する方式で、顔認証式はごく少数のようです。
顔認証式の場合、顔で大人と判断できなかった場合は運転免許証でタバコを買えるのですが、すべての大人が免許を持っているわけではないので、あまり顔認証を厳しくしすぎるわけにもいかないのでしょう。
とはいえ、未成年者がタバコを買う事例が今後も相次ぐようだと、実質的に顔認証が廃止されて「免許認証専用機」に成り下がるかもしれないと私は推測しています。

この4月には、JR東日本・東海の多くの駅から喫煙所が撤去され、神奈川県では「屋内での」喫煙を規制する条例が成立しました。
世の中の流れに急き立てられるかのように、禁煙を始める方も多いのではないかと思います。

タバコを手放さない方々の間でもtaspoの普及は進んでいないようですし、タバコの自動販売機は多分、どんどん減っていくでしょう。
[PR]
by letsgo | 2009-04-17 23:34 | ニュース