ちらしのうら


by letsgo

楽天の流出顧客情報が実際に悪用された?

東京新聞は、次のように報じています。
 
東京新聞:楽天の流出情報悪用か 元組員 会員に成り済まし宿泊:社会(TOKYO Web)
> 楽天をめぐっては二〇〇五年に
> 顧客の住所や氏名、メールアドレスなど
> 約三万六千件の情報が流出し、
> 名簿業者などに売られる事件があった。
> 同庁などは瓜生容疑者がこれらの顧客情報を使い、
> 必要なID・パスワードを入手した可能性が
> あるとみて調べている。

東京新聞:カード詐欺 明細書盗み番号割り出す 元組員 無料ソフトで効力確認:社会(TOKYO Web)
> 警視庁などは、楽天の会員情報を含む
> 二千人分の個人情報が入ったノートパソコンを押収。
> 楽天の会員情報にはID・パスワード、氏名、住所、
> メールアドレスなども含まれ、瓜生容疑者は
> 「暴力団関係者から四~五年前に
> 千二百人分をCDでもらった」と供述しているという。

 
しかし楽天株式会社は、
・「2005年7月に発覚した事件」で流出した情報に
 ID及びパスワードは含まれていない
・「2005年7月に発覚した事件」で流出した情報と
 今回の事件は関係ない
との旨、主張しています。
【楽天市場】楽天市場からのお知らせ
 
この主張、言い方を変えれば
「2005年7月の事件以外にも、個人情報の流出は起きているんですよ」
ということになりますね。
[PR]
by letsgo | 2009-07-18 23:21 | ニュース