ちらしのうら


by letsgo

楽天の「新顧客情報管理体制の導入」はウソ?

2005年に、楽天市場の顧客個人情報(クレジットカード番号も含む)が
流出するという事件がありました。
楽天の個人情報漏洩事件、被害件数が3万6000件に拡大--楽天以外の情報も:ニュース - CNET Japan
 
この時、楽天株式会社は「新顧客情報管理体制の導入」を発表しています。
【楽天市場】楽天市場からのお知らせ
> 今後楽天でのお取り引きにつきましては、
> 個人情報のうち、クレジットカード番号、メールアドレスが
> 店舗側では見られなくなります。

 
ところが昨日(2009年5月27日)、衝撃的なニュースが
GIGAZINEに載りました。
 
楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明 - GIGAZINE
> 購入者宛に自動送信される注文確認メールが
> 店舗にも同報送信されており、
> 送信者は楽天市場、宛先は購入者のアドレス、
> CCに店舗のアドレス、といった感じになっているため、
> ここから顧客のメールアドレスを手作業で取り込めば
> 無料で顧客の情報を入手することも可能ですし、
> メールから受注管理を行うソフトなども存在しているため、
> リスト化することも容易です。

楽天株式会社が
「個人情報のうち、クレジットカード番号、メールアドレスが
 店舗側では見られなくなります。」
と宣言してから4年近く経ったにもかかわらず、
未だにメールアドレスが逐一、店舗に送信されているとは……。
 
しかも、この記事は
「1件あたり10円で、顧客のクレジットカード番号が加盟店に売られている」
としか思えないような内容です。
 
楽天とGIGAZINE、どちらかがウソをついていることになります。
 
 
 
私も先月、楽天を利用しています。
そこで、その際に受け取ったメールのヘッダーを見てみました。
 
……GIGAZINEの言う通り、
to に私のアドレスが、cc にお店のアドレスが載っていました。
 
ですので、少なくとも
「メールアドレスが店舗側では見られなくなります」
という楽天株式会社の発表はウソだったと
断言できます。

 
 
 
 
2009年6月1日追記:

GIGAZINEに続報が載りました。
「楽天」が抱えている10個の問題点まとめ - GIGAZINE
この記事では、
>当店は楽天株式会社より例外的に
> クレジットカード番号の開示を受け、
> 独自に決済処理を行っております
と明示している店舗に対して、クレジットカード番号が
渡されていることになっています。
 
また、5月28日のINTERNET Watch記事
楽天、「個人情報をダウンロード販売」報道を否定
には、
> 楽天はINTERNET Watchの取材に対して、
> 「現在もクレジットカード情報とメールアドレスを店舗に渡していない」
> と説明する。
とあります。楽天株式会社は、あくまでも
「メールアドレスを店舗に渡していない」と言い張っているようです。
[PR]
by letsgo | 2009-05-28 03:08 | ニュース