ちらしのうら


by letsgo

「マスクの寄贈」と「マスクの買い集め」。

「大阪と兵庫に台湾からマスク10万枚」:イザ!
5月20日、兵庫県庁と大阪府社会福祉協議会に
それぞれ10万枚ずつのマスクが届きました。
 
この大量のマスクは
関西の方々がマスク不足で困っていることを知った台湾政府が
無償で贈ってくれた
ものだそうです。
 
「楽天、加盟店に「マスク買い集め」奨励」 News i - TBS(Windows Media ファイル)
によると、同じ5月20日に楽天株式会社は
さまざまな業種の加盟店に対し、マスクを買い集めて売るように勧める
メールを送っていたそうです。
 
メールの文面とされている内容を一部引用します。
> 「ここ何日かでマスクを売っている店舗様は、
> なんと日商1000万円以上売れているそうです。
> 日商5000円以下の店舗様が600万円以上売ったとか。
> そんな店舗様がゴロゴロ、すごいですね」

> 「650円で仕入れたマスクが
> 2万ちょいで売れているらしいですよ」
 
> 「昨日、600万売った店舗さんも
> レディースファッションの店舗様です!
> カテゴリーなんて関係ありません!
> 配送は20日先になっても構いませんので、
> とりあえず注文をとって、売りましょう、
> 商売はタイミングとスピードです!」

 
この報道に対し、楽天株式会社は
「不適切で品性に欠ける表現が含まれていた」
ことについて謝罪しました。
Excite エキサイト : ITニュース
 
しかし、マスクを買い集めて売るよう勧めたこと自体については
【楽天市場】楽天市場からのお知らせ
> 当社としては、インターネット販売の特性を活かし、
> 在庫がある地域から、入手が困難な地域に
> マスクを円滑に流通させるためにも、
> 出店店舗様に対してマスクの仕入れと販売に努めるように
> お願いしてまいりました。
と釈明しています。
 
もし本当に
「マスクを円滑に流通させるためにも」
と考えておられたのなら、わざわざ
配送は20日先になっても構いませんので、
 とりあえず注文をとって」
などと煽るはずがないと思います。
 
普段は日商5千円以下のお店が
いきなり600万円分もマスクの注文を受けてしまったら
確かに、発送が20日先になっても不思議ではありません。
しかし、そのような売り方をさせることが
「円滑に流通させるため」
とは、あまりにも酷い言い種です。
 
マスクを必要としていた方々は、感染防止のためだけではなく
「取引先から着用を命じられた」
「クラスの子のほとんどが着用していて、
 ウチの子だけ着けさせない訳にはいかない」
といった事情を抱える場合もあったことでしょう。
そのような方々にとっては、注文して20日後に発送されるマスクなど
売っていないに等しかったのではないでしょうか。
 
 
 
そういえば、真偽のほどは分かりませんが
「阪神淡路大震災が起きた直後
 被災地の店がソーセージ1本5千円といった値付けをし
 一時的には儲かったかもしれないが、復興直後に潰れた」
という話を読んだことがあります。
 
他人の不幸に付け込んだ商売も、
度が過ぎれば「しっぺ返し」を食らうことでしょう。
[PR]
by letsgo | 2009-05-27 23:39 | ニュース